エンジニアの人口増加と男女比率の状況

IT業界におけるエンジニアの需要は高く、大企業は事業の拡大を行い、ベンチャー企業も次々に生まれてきていることからその全体的な人口は上向きになっている。
トレンドの業界ということもあって、理系の学部で情報系の教育を受けてきた人材だけでなく、他の分野や文系の教育を受けてきた人材も適切な知識や技術を習得することによって業界入りを果たすことも増えてきた。そういった状況はあるものの、その現場に見られている状況の一つとして男女比率が大きく男性側に偏っているというものがある。

世の中では多くの人が就職してから将来の結婚を見据えた恋愛の相手を探すことが多く、職場にそれを求める人も少なくはない。しかし、男性が圧倒的に多く、女性が稀な現場となっていることから、特に男性にとってはそれが難しい職場になっている。実際には職場結婚はよく見られるものの、女性の人口が増えない限りは全てのエンジニアが恋愛の相手を見つけられる状況ではない。

一方、社会的な要請によって女性が働き続けられる労働環境を整備するという試みがなされてきている。福利厚生の充実によるものがほとんどであるが、仕事内容についても考慮されるようになってきた。
エンジニアの仕事は専門性が高いため、一度始めると他人によって交代が難しいものもある。そういった仕事は男性が担うことによって産休をとっても仕事が滞らない仕組みを作り上げてきており、女性の参入が増えることが期待されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です