エンジニアの業務内容と恋愛事情

システムエンジニアの業務内容は非常に多岐に渡るので、一概にこうだと断言することはできないものである。
ネットワーク関連の部署で働くのであれば、実際にプログラミングをする時間よりはマシンをいじっている時間の方が長くなる可能性もある。またゲームプログラマなら、文字通りに一日中プログラミングをしていることもある。
どのような立場で仕事をするのかによっても業務内容は違ってきて当然だ。

プロジェクトのリーダー的存在であれば、実際に作業をするというよりは、クライアントとの打ち合わせにより多くの時間を割くことになるだろう。末端の作業員であれば、プロジェクトの全体像をまったく把握しないままで部分的な作業に終始することもある。
近年はエンジニア業界でも分業化が進んでいるので、多くのスタッフがかなり限定的な仕事しかしないのが普通だ。したがって、ゼネラリストよりはスペシャリストが求められる傾向にある。

非常に忙しい仕事であって、納期との戦いという面においても大変な仕事だ。なので、恋愛をしている暇が見つけられないというパターンも少なくない。
エンジニアの多くが結婚を後回しにして、婚期が遅れがちになっている事実もある。ただし、近年は女性プログラマの数も増加傾向にあって、同じ職場で恋愛相手を見つけることも可能となっているのだ。
同じ仕事をしているのであれば話も通じやすい上に、お互いの仕事について理解も深いのでうまくいく可能性は高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です